拾芥抄 - 洞院公賢

洞院公賢

Add: isunofor94 - Date: 2020-12-06 00:06:10 - Views: 6290 - Clicks: 4745

伏望 陛下上觀 天意,下 察人情, 任賢勿貳 ,去邪勿 疑,自然 天人協順 ,善 祥來格 ,豐年之 應,固未 為晚。欲乞檢 會臣前奏 ,早賜睿 斷施行。」(此據 編類章 疏 【一八 】,光庭 以正月十 二日奏此 。貼黃云 :時雪未 降,乞任 賢去姦。. pdf >拾芥抄. 序跋なし。著者名は国書総目録等による。巻2末に奥書あり(板刻)「〈写本云〉彼本者洞院相国被抄之仍果守僧正留写之当寺〈石山〉座主相伝令深秘被納箱底〈云云〉」、右の末尾の「云云」を朱で見せ消ち、続けて以下の別本奥書を朱書、「予強依懇望無子細逐加披見為将学予文寛事不顧悪. 上,中,下 / 洞院公賢 編 ; 洞院実煕 補/早稻田大学汉籍z/》 】 【i03_02420_0001. 2 Book 拾芥抄. 仮名交じり文で書かれた、赤水が水戸から長崎まで藩の役人に同行した旅行記である。 常陸国多賀郡磯原村 (今の茨城県北茨城市磯原町) の姫宮丸船頭以下6名のうち安南 (今のベトナム) まで漂流した4名と、陸奥国磐前郡小名浜村 (今の福島県いわき市小名浜) の住吉丸漂流民3名とが異国で邂逅し、2年後に中国商船で長崎に帰国した。これを引き取るため、水戸藩から使者を送ることになった。赤水は日本地図の編纂を企図していたため実際に西国まで行く機会を逃さず、儒学の師の藩への働きかけもあって、本来行くべき庄屋の名代として同行することができた。 道中で赤水の目にふれた様々なものが記述されていて、太宰府天満宮に寄った際の絵地図や、出島のオランダや中国人の姿、供応で出された料理などが書かれている。赤水がその才能を生かして感謝の気持ちを中国の商人や長崎通詞へ送った漢詩は、別に『清槎唱和集(しんさしょうわしゅう)』として出版された。巻末には赤水の著作が並んでいて、日本地図だけでなく中国の歴史地図、世界地図、天文書、旅行記、漢詩集など、赤水の死後も各地で出版・販売されていたことがわかる。. pdf >国外/宮內廳漢籍/》 】.

在洞院公賢著的《拾芥抄》中,載有《私教類聚》的目錄,此書共有三十八項,分項指出了子孫在一生中言行必遵的準則和要點。 如:第一項:略示內外事,包括"內外五戒"和"外教五常"。. 洞院, 公賢, 洞院, 実煕, 古辭書叢刊刊行會, 川瀬, 一馬古辞書叢刊刊行会, 雄松堂書店 (発売). 6 改訂増補 故實叢書 / 故實叢書編集部編 第22巻 所蔵館125館 16 刀劍圖考. 『天文星象圖解』は、赤水が天文学の入門書としてまとめた『天象管闚鈔(てんしょうかんきしょう)』(安永三年(1774)) をもとに後年版行された。現代の星座早見盤のような綴じ込み付録が付いていて、星の書かれた円盤は回転できるよう紙縒(こより)で下の台紙へ留められている。円盤には中国の星座や二十八宿の範囲が書かれ、地上から仰ぎ見る形で見える星が季節によってかわるのがわかる。 天文学は地図を制作するために必要であり、赤水は、渋川春海門下で水戸藩の儒学者 小池友賢(ゆうけんや、その弟子の大場景明(かげあきから学んだといわれる。また、本書には北禅竺常(ほくぜんじくじょう禅僧、漢詩人。大典顕常(だいてんけんじょう)、大典禅師とも) が序文を寄せていて、赤水の広い交友をうかがうことができる。. 武器考證(第1) 栗原信充著. 上,中,下 / 洞院公賢 編 ; 洞院実煕 補 shūgaishō このタイトルで早稲田大学蔵書目録を検索(OPAC title search). 上,中,下 / 洞院公賢 編 ; 洞院実煕 補/早稻田大学汉籍z/】下载 嫌挨个下载麻烦的、是收藏控的、有条件的可以选择4T硬盘速服务.

赤水はこの地図を作るにあたって新たに観測・測量をしたわけではない。渋川春海(しぶかわはるみ初代天文方) の北極出地度数、これまでに書かれた絵地図、国郡図、海外の地図など膨大な資料を参考に、自身の『東奥紀行』(方位磁石を持参)・『長崎行役日記』での実体験や、多くの旅人から直接聞いた話も検討し、20年以上の歳月をかけて制作された。また、版行された日本地図として初めて緯線と方位線が記載された。凡例には「曲がり尺の一寸 (約3cm) を道のり十里 (約40km)」とあり、130万分の1の縮尺ということになる。 赤水の日本地図「赤水図」は幕府の認可を受け販売されると改訂5回を重ね、赤水図をもとに認可を受けた模倣版や無認可の海賊版が出されるほどであった。このように赤水図は明治時代まで日本地図の代名詞となり舶載されて海外にも残っているが、約40年後に作られた伊能忠敬の日本地図は精密であるがゆえに幕府の秘密とされ、すぐに人々の目にふれることはなかった。 この功績もあって、藩の長年の事業で徳川光圀(みつくにが始めた『大日本史』の地誌の編纂を後に任されることになった。序を柴野栗山(りつざん儒学者として徳島藩、幕府に仕え後に湯島聖堂取締) が寄せている。. · 咸淳臨安志10_龙的传人_新浪博客,龙的传人, 按《 中古三十六歌仙傳 ( 日语 : 群書類従 ) 》記載,深養父的祖先雖然不明:391 ,但是按《 古今和歌集目錄 ( 日语 : 群書類従 ) 》記載,其父是豐前 介清原房則,祖父是筑前介清原海雄,曾祖父是備後 守 清原道雄 ( 日语 : 清原道雄 ) ,《 清原氏系圖 ( 日语 : 群書類従. 洞院公賢撰 ; 洞院實煕補修 明治図書出版 1993. 粵西詩載、粵西文載、粵西叢載 清 汪森_第6部分_粤西诗载、粤西文载、粤西丛载 清 汪森. 禁袐抄考註. 拾芥抄 - 洞院公賢 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなの. 拾芥抄 順徳天皇撰 ; 牟田橘泉考註.

The Project Gutenberg EBook of Jing Shi Tong Yan, by Feng Meng Long Feng This eBook is for the use of anyone anywhere at no cost and with almost no restrictions whatsoever. 『略要抄』『拾芥略要抄』ともいい、『縮芥抄』は『拾芥抄』の抄略本。 拾芥抄 - 洞院公賢 本書上巻は清原枝賢、清原國賢筆、一部清原宣賢の筆跡も認められ、中巻は清原業賢筆、下巻は清原國賢筆の取り合わせ本。 1529: 享禄2 蒙求抄 1532: 享禄5. 『拾芥抄』は公家(くげ)が必要な知識をまとめたもので、歳時、文学、風俗、官位、典礼、国郡、神仏、衣食、吉凶などに関して漢文で書かれている。鎌倉時代中期に原型ができ、南北朝時代の公家藤原公賢が上中下それぞれに末巻を加えて6冊にまとめたと考えられている。 中末巻に掲載された日本地図は奈良時代の僧行基(ぎょうきが元を作ったことから「行基図」と呼ばれる。ただし、行基自身の作った図は見つかっていない。行基図は各国の大まかな位置関係がわかる程度のもので、山・河川など細かな地形は書かれていない。 赤水図が出されるまでの日本地図としては、江戸時代の浮世絵師 石川流宣(とものぶ) (生没年不詳) が作った『日本海山潮陸図』などの「流宣図(りゅうせんず)」が有名であった。流宣図は国の形について行基図より詳しいが、方位や距離について正確さを求めようとする赤水図に比べると絵地図的なものである。. 拾芥抄 : 上中下 洞院公賢撰 ; 前田育徳会尊経閣文庫編 (尊経閣善本影印集成, 17) 八木書店, 1998. 名臣碑傳琬琰集 宋 杜大珪編_第1部分_名臣碑传琬琰集 宋 杜大珪编. See full list on eco.

欽定四庫全書 集部四 竹溪鬳齋十一藁續集 别集類三 〈 宋 〉 提要 〈 臣 〉 等謹案竹溪鬳齋十一藁續集三十巻宋林希逸撰希逸有考工記解別著錄宋史藝文志載希逸有鬳齋前集六十巻久佚不存惟續集謂之竹溪十一稿者尚有傳本即此三十巻也凡詩五巻襍著一巻少作三巻記二巻序一巻跋一巻四六三巻省. 欽定四庫全書 集部六 集玉山房稿 别集類五 〈 明 〉 提要 〈 臣 〉 等謹案集玉山房稿十巻明葛昕撰昕字幼明號龍池徳平人官尚寳司卿昕以䕃起家初除都督府都事陽武侯薛鋹以貧故幾不得襲昕力排羣議鋹始得襲封尋遷工部屯田司郎中議裁惜薪司炭額百餘萬又汰厰司内官五百六十一人禍幾不測然連三疏.

拾芥抄 - 洞院公賢

email: rabusenu@gmail.com - phone:(635) 171-3751 x 3851

世界のだっことおんぶの絵本 - エメリー・バーナード - ケブちゃんありがとう

-> 応用流体力学入門 - Le M〓haut〓,Bernard.
-> 誤算の論理 - 児島襄

拾芥抄 - 洞院公賢 - で健康革命


Sitemap 1

港・ウォーターフロントの研究 - 日本港湾経済学会 - Everyday フローラルデザイン研究編 flowers 武田晶子